新しいバイト先で研修期間が設けられている職場ってありますよね。
そのような研修期間中は一般的なスタッフとは時給が異なりますので注意しましょう。
こうした期間を設けている職場でアルバイトをする場合、求人広告に明記されている時給とは異なり、試用期間の時給がどうなるのか確認する事が大切です。
もちろん福利厚生も試用期間後とは異なるものです。
研修期間は企業にとって人材を見極める期間です。
本当にその新人が使える人なのかどうかを観察されていますので、しっかり働いてアピールするようにしましょう。
こうした試用期間は企業にとって解雇しやすい時期でもありますので、大きなミスを犯さないように注意する必要もあります。
また試用期間は新入りにとって、自分の適性を見極める期間でもあります。
もしも研修期間中に、職場の人間関係や仕事が合わないと感じた場合、研修期間明けを待たずに辞めるように伝えましょう。
これは当然の権利で、研修期間であれば、どんな理由でも自由に辞めても良いという法律が民法で定められています。
期間が明けてしまった場合一人前のスタッフと同じように扱われるようになりますので、企業に迷惑をかけてしまいまうので、できるだけ研修期間に自分に合うかどうかを見極めましょう。
逆に新しいバイトを始める場合、その仕事が自分に合うかどうか不安な方は研修期間がある場所に飛び込むと良いでしょう。
即戦力ではなく見習い期間があればじっくりその仕事について学ぶ事ができます。
特に技術を必要とする職場はこうした期間を設けている事が多いですから、新しい分野に挑戦してみたい場合、試用期間を効果的に利用して就職すると良いでしょう。
そういえば、そんな研修があるバイトのあれこれをまとめたサイトがありました。
あとはこれを読んでバイトに備えてください【http://mikeiken-kenshuaribaito.info/